2016年04月11日

大阪市立美術館  王羲之から空海へ 日中の名筆 漢字とかなの競演 

4月12日(火)より、大阪市立美術館開館八十周年記念「王羲之から空海へ 日中の名筆 漢字とかなの競演」が開催されます。

書に携わっている人なら是非とも鑑賞したいという名筆揃い!
ただ一般の人からしたら・・・?と思われるかもしれません。

でも百聞は一見にしかず、本物の迫力を体感してみてください。
どのジャンルでもそうですが、楽しく鑑賞する秘訣は必ずあるのです。

それをフィールドワーク、ワークショップなどでお伝えしていきますのでお楽しみに。


<前回の講習の一例>
光.jpg
「光」 終画(白抜きになっているハネ)のバリエーションについて、
クイズ形式で皆さんといろいろな写真を見ながら考えてみました。
新鮮な発見があります。




posted by muuju at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。